tomofeed.com

オーストラリア・ワーキングホリデーブログ

オーストラリアで携帯キャリアをOptusからboostに乗り換えてみた

      2017/05/21

オーストラリアのマリーバでワーホリ中のTomo(@tomo_lev1)です。

みなさん、月々の携帯電話代っていくら払ってますか?私はOPTUS(オプタス)というオーストラリアの大手携帯会社と契約していて、月々30ドル払ってましたが、通話やSMSって全く使わないんですよね。しかも、データ通信が月1.5GBって少なすぎる・・・そこで、オーストラリアのMVMOの1社boost mobile(ブースト モバイル)という携帯キャリアに乗り換えましたので、月々のプランや注意点などをまとめてみました。

1.OptusからBoostに乗り換えた訳とは?

はじめに、Optsuからboostに乗り換えた訳について触れたいと思います。

そもそも、オーストラリアに来た初日に携帯電話を契約した訳ですが、オーストラリアの携帯電話にどんなキャリアがあるのかさっぱり分かりませんでした。

そこで、街頭広告や家電量販店でよくみかけたOptusにすることにしました。

optus plan

私が契約していたプランは、プリペイドの月30ドルでデータ通信が1.5GBまでと電話とテキストは無制限に使える内容でしたが、実際使ってみると、ほとんど電話とテキストは使わないしデータ通信の1.5GBも少ないと感じてました。

また、9月に発売されたiPhone6sを購入したので、SIMカードを移行させたかったのですがSIMカードのサイズが異なっていたため、新たにSIMカードを用意する必要があったのです。

2.boostってどんなキャリア?

2-1.boostとは

boost(ブースト)はオーストラリアのMVMO(Mobile Virtual Network Operator)の1つです。

日本でもMVMOは徐々に認知度が上がってきてますが、まだまだ知らない人も多いのではないでしょうか。

MVMOの特徴としては、自前で通信インフラを持ってなく大手の通信会社から借りて独自のサービスを提供しています。

そのため、設備投資などの費用を抑えることができるため、大手の通信会社より安くでサービスを提供できます。

Photo 11-6-15, 15 43 16

boostはTelstra(テルストラ)の回線を借りてるので、iPhoneの画面でも左上に「Telstra」と表示されます。

他にもMVMOはたくさんあり、Yatango・Lebara・woolworths connect・Virgine mobileなどあります。

2-2.料金プラン

boostの料金プランはとてもシンプルです。

boost plan

携帯電話のプランは20ドル/月と40ドル/月の2つしかありません。

私は20ドル/月のプランにしたのですが、内容は

  • 電話:100分まで無料
  • テキスト:無制限
  • データ通信:1GB

こんな感じです。

嬉しいのが、毎週日曜日にデータ通信として500MB追加されます。

日曜日は毎月4回あるので、500MB×4回=2GBが無料で追加されるので、元々の1GBとあわせて合計3GBが使えます。

ぶっちゃけ、Optusの1.5GBでも全然足りなかったので、3GBも使えてOptusより毎月料金が10ドルも安くなるなんて素敵すぎます。

★追記 / 2015年12月1日

§Bonus Weekend Data: Boost Mobile customers with an active ULTRA™ or UNLTD® recharge will receive bonus data for use each Weekend from 9:00pm Friday AEST until 11:59pm Sunday AEST. If you use all of your Bonus Weekend Data inclusion before 11:59pm AEST on a Sunday you will automatically return to using the standard data inclusion of your active recharge. Bonus Weekend Data does not roll over.

使ってみて分かったことになりますが、WEEKEND BONUSで追加されるデータ通信容量は、金曜日の21時から日曜日の23時59分59秒まで適応になります。

また、使い切らなかったデータ通信容量は持ち越すことは出来ません。

例えば、WEEKEND BONUSの500MBのうち300MB使ったとしましょう。

すると500MB-300MB=200MB残ってますが、これは持ち越すことはできません。

私はてっきりWEEKEND BOUNDの使い切らなかった分は通常のデータ通信に累積されていくものだと思ってましたが、どやら違ったようです。。。

詳しくはこちらに書いてありますのでご参考に。

3.BoostのSIMカードを購入する際に注意するポイント

BoostのSIMカードを購入する際に注意するポイントがありますので、しっかり抑えておきましょう。

3-1.携帯電話番号はパッケージに印刷されてる

1つ目は、Boostの携帯電話番号はパッケージに印刷されています。

これ、全く気づかなかったです。。。

Photo 11-6-15, 15 31 06

こんな感じで「SERVICE NUMBER」が印刷されてます。

Optsuの場合は、購入したSIMカードをアクティベートする際に複数の携帯番号が表示され、そこから好きな番号を選ぶことができましたが、Boostの場合はパッケージに印刷されている番号がそのまま自分の番号になります。

番号にこだわる方は、購入する前にしっかり選ぶようにしましょう。

3-2.SIMカードのサイズに注意しよう

2つ目は、同梱されているSIMカードのサイズに注意する点です。

私は確認ぜずに購入したのですが、パッケージにどんなSIMカードが入ってるか書いてます。

Photo 11-6-15, 15 31 36

これが購入したパッケージですが、「NANO SIM INSIDE」と書いてあります。

iPhone6sはNANO SIMなので、このパッケージで問題無かったのです。。。

boost multisim

STANDARD SIMやMICRO SIMを希望される方は、こちらのMULTI SIMを購入しましょう。

4.購入してアクティベートしてみよう!

それでは、早速boostのSIMカードを購入してみましょう。

Photo 11-6-15, 14 35 08

boostのSIMカードはオンラインからも購入することができますが、マリーバのColesに売ってましたので、今回はColesで購入することにしました。

価格は2ドルでした。

Photo 11-6-15, 14 35 18

Boostの他にも、Colesにはこのように多くのキャリアのSIMカードが売られてます。

Photo 11-6-15, 14 35 27

携帯電話も売ってます。

早速パッケージを開けてみましょう。

Photo 11-3-15, 16 38 18

開けると中にはガイトブックとNANO SIMカードが入ってました。

Photo 11-3-15, 16 38 41

NANO SIMカードの裏面です。

アクティベートはこのページから出来ます。

アクティベートは簡単なのでここで詳細は触れませんが、手続き自体は10分程度で終わります。

boost mail1

申請するとこのように自動返信でメールが届きます。

boost mail2

どうやら4時間以内に手続き完了の連絡が来るみたいですが、私の場合6分後にアクティベート完了の連絡がきました。

5.最後に

いかがでしたでしょうか。

boostに乗り換えてからまだ数日ですが、問題なく使えてます。

携帯代を少しでも抑えたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、See Ya!!

2016年5月15日追記
boost専用アプリからリチャージする方法をまとめましたので、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

オーストラリア格安携帯会社boostのリチャージ方法をご紹介します

 - 携帯電話 ,