臨時ボーナス!?タックスリターンを申請したら、本当に税金が全額戻ってきた

DSC03869

オーストラリアのマリーバでワーホリ中のTomo(@tomo_lev1)です。

みなさん、『タックスリターン(Tax Return)』ってご存知ですか?

日本でいう確定申告みたいなものですが、今回タックスリターンを申請したら、税金(タックス)が返還されましたので、申請の仕方や返還までの流れについて、ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

タックスリターンとは?

まずは、タックリリターンについて簡単にご説明します。

タックスリターンとは日本で言う「年末調整」にあたります。

日本の年末調整は12月頃に行いますが、オーストラリアのタックスリターンは7月1日から申請出来ます。

ワーホリでオーストラリアに来ている人の多くは、仕事をしてお金を稼いでると思います。

1円でも収入が有る場合、必ずタックスリターンを申請しなければならないみたいです。

タックスリターンの申請方法

タックスリターンを申請する方法は、大きく分けて2つあります。

ひとつは、自力で申請する方法です。

もうひとつは、税理士に依頼して申請を代行してもらう方法になります。

それぞれのメリット・デメリットをまとめると、

自力で申請するメリットは、

  • 自力でやるので、手数料がかからない。つまり無料!
  • タックスリターンの申請方法についての知識を習得できる

デメリットは、

  • 申請フォームが全て英語なので、英語が苦手な人はけっこうしんどい
  • 申請自体が結構複雑みたい…

一方、税理士に依頼するメリットは

  • 税理士が全てやってくれるので確実
  • オンラインで申請すれば、5分程度で手続きができる

デメリットは

  • 手数料がかかる

となります。

私の場合、英語が苦手なのと年に1回しか申請しないタックスリターンに時間をとられるのはもったいないと考えましたので、税理士に依頼することにしました。

スポンサーリンク

手数料50ドル、私が利用したエージェント

税理士に依頼することにしたので、ネットでタックスリターンを受け付けてるサイトを調べてみました。

なるべく、手数料をかけずに申請したかったので、手数料が一番安くて、そこそこ評価が高いところで申請しようと考えました。

で、見つけたのがここです。

express-tax-office タックスリターン

Express Tax Office

ポイントは、手数料が50ドルと安いです。カップルで申請すると40ドルとさらにお得です。

他にも、手数料だけみたらExpress Tax Officeより安いサイトはあると思いますが、知名度がいまいちだったり、手続きが複雑だったりしましたので、こちらにタックスリターンを依頼することにしました。

申請方法

では、実際に申請してみましょう。

Express Tax office タックスリターン

prepare nowをクリックします。

express tac offece タックスリターン

各項目を入力していきます。

お客様の情報

申請者の情報を入力していきます。

  • 名前:Taro Yamada (アルファベットで入力します)
  • タックスファイルナンバー:123 456 789 (9桁の番号を入力します)
  • Emailアドレス:tomofeed@gmail.com (メールアドレスを入力します)
  • 連絡先お電話番号:「telephoneはオーストラリアの連絡先」「Overseas telは日本の連絡先」を入力します
  • 住所:「Australianはオーストラリアの現住所」「Overseasは日本の住所」を入力します
  • 税法上の居住者資格:「税法上の居住者」を選択しましょう

収入

PAYG payment summary ペイメントサマリー

雇用主からPAYG payment summary(源泉徴収票)を受け取ってると思いますので、これを見ながら入力すると簡単です。

もし、 PAYG payment summaryをもらってないのであれば、雇用主に聞いてみて下さい。

法律で、雇用主は7月1日から7月14日までに、従業員へPAYG payment summaryを発行することが義務づけられてます。

  • 源泉徴収額1:「ご職業」は現在の職種を入力しましょう。私はファームジョブをしてましたので「Farmer」と入力しました。「雇用主名」「ABN」はPAYG payment summaryの下部に記載されてますので、それを入力します。収入は「Gross Payments」、PAYG Taxは「TOTAL TAX WITHHELD」の金額を入力します。

複数の雇用主の元で働いた場合、PAYG payment summaryも複数あると思いますので、「追加」をクリックして入力しましょう。

経費・税控除

経費・税控除の項目につきましては、必要に応じて入力しましょう。

私は申請するものがなかったので、何も入力しませんでした。

リファンドと手数料

  • リファンドの振込先銀行口座:オーストラリアの銀行口座を希望する場合は「Australia Bank Account」、日本など海外の銀行口座を希望する場合は「Overseas Bank Account」を選択しましょう。私は、「Australia Bank Account」を選択しました。
  • AUSTRALIAN BANK DETAIL:オーストラリアの銀行口座への振込を希望する方は、「BSB番号」「口座番号」を入力しましょう。
  • 海外銀行の詳細:日本など海外の銀行口座への振込を希望する方は、「Bank」「口座番号」を入力しましょう。ちなみに、海外の銀行口座を選択すると、35ドルの国際送金手数料がかかります。

お支払い方法

手数料の支払い方法を選択しましょう。

支払い方法は、「クレジットカード」か「タックスリターンから手数料を引く方法」の2つから選べます。

タックスリターンから手数料を引く場合、手数料は50ドルの他に別途10ドル掛かりますので、合計60ドルになります。

  • クレジットカードを選択する場合、「VISA」「Mastercard」の2つから選びましょう。タックスリターンから手数料を引く場合は「pay on refund」を選択しましょう。
  • CARD DETAIL:「Card number」はクレジットカードの12桁の数字を入力します。「Expiry」はカードの有効期限を入力します。mm/yyの順番なので、2017年6月の場合は、06/17になります。「Card name」はカードの名義をローマ字で入力しましょう。

宣言および承認

内容を確認して問題なければ、左下の「同意する」にチェックして、右下の「送信」ボタンをクリックしましょう。

以上で申請は終了です。

ATOから口座へ振込

さあ、あとは税理士さんが手続きを進めてくれます。

私の場合、7月24日に申請して、8月3日に振り込まれました。

振込名義はATO(Australian Tax Office)となってました。

最後に

いかがでしたでしょうか。

税理士に依頼すれば、申請にかかる手間も省けますし何より確実です。

給料から引かれたタックスが全額返ってくるなんて、おいしすぎますよね。

ただし、所得が18,000ドル以上ある場合、18,000ドルを超えた分についは別途タックスが掛かってきます。

詳しくは、日豪プレスの記事を参考にしてみて下さい。

【完全保存版】新会計年度がスタート 2017タックス・リターン特集①