オーストラリアで自転車のパンク修理を依頼したらたった8.5ドルだった件

オーストラリア パンク修理

オーストラリアのスコーンでワーホリ中のTomo(@tomo_lev1)です。

みなさん、オーストラリアで自転車のパンク修理をやったことはありますか?

スコーンに来て無事シェアハウスに滞在できたものの、移動手段が全く無かったので、シェアハウスのオーナーさんにお願いして自転車を貸してもらうことにしました。

スポンサーリンク

オーストラリアで自転車のパンク修理

自転車を借りたものの、タイヤに空気が入って無かったので、最寄りのスポーツショップで自転車に空気を入れたもらうことにしました。

で、翌日、さあ乗ろうとしたら・・・

オーストラリア パンク修理

後輪のタイヤがパンクしていました。笑

シェアハウスのオーナーさんいわく、朝「バーン」って音が鳴ったから何事かと思ったら、自転車のタイヤがバーストしたようです。どうやら、先日スポーツショップで空気を入れてもらった際、空気が入りすぎてしまったようです・・・ しょうがないんでスポーツショップに再度持って行き、パンク修理をお願いすることにしました。

修理代はたった8.5ドル

オーストラリア パンク修理

スポーツショップに到着して、昨日対応してくれた店主に”Could you repair my bicycle?”と聞いたところ、修理をやってもらえることになりました。夕方に出来上がるようなので、改めて伺うことにしました。

夕方4時過ぎ、そろそろ出来上がったかなーと、お店を訪れると、店主が自転車を見せてくれました。無事ちゃんと修理が完了したようです。

で、おもむろにバーストしたタイヤのチューブを見せながら、新しいチューブに交換したよと新品のチューブが入っていた箱を見せてくれました。で、気になる修理代を聞くため”Hou much is it?”と聞いてみたところ、新品のチューブの箱に貼ってあった”8.5ドルだと言うことです。

正直20ドル前後を予想していたので、思ってたよりだいぶ安かったので、ちょっとビックリしました。

オーストラリア パンク修理

これが、レシートになりますが、商品名が”1.00 Replacement Tube26×1.90″とあるように、本当にチューブ代のみでした。普通ならチューブ代+工賃がかかると思いますが、工賃は掛かりませんでした。

スポンサーリンク

さいごに

日本でも自転車のパンク修理は何度か自転車屋さんにお願いしたことがありますが、たしか工賃がいくらか掛かっていたと思います。

オーストラリアはこういうスタイルなのか、このスポーツショップがこの価格設定なのかよく分かりませんが、とてもリーズナブルにパンク修理が出来たのでよかったです。

元々は店主がタイヤに空気を入れすぎたことが原因でパンクした訳なんですが、まあ良い勉強になりました。

今後、オーストラリアで自転車のパンク修理される方の参考になれば幸いです。