マリーバのリバーサイドキャラバンパークに滞在して感じた5つのこと

Photo 1-1-16, 19 40 16
 Photo 1-1-16, 19 40 16

どもー、オーストラリアでワーホリ中のTomoです。

12月29日まで滞在していたマリーバのリバーサイドキャラバンパークについて、実際に滞在してみて感じたことをまとめてみました。

それでは、早速どーぞ!

スポンサーリンク

1.施設が充実している

Photo 12-8-15, 14 38 41

私は2015年5月から8月まで、クインズランド州のガトンという田舎町でファームジョブをしていました。
その際、ガトンキャラバンパークに滞在してたので、マリーナのリバーサイドキャラバンパークは2つ目のキャラバンパークになります。

ガトンキャラバンパークとの比較になってしまいますが、例えばケトルやトースターなどキャラバンに無かった場合、リバーサイドキャラバンパークだと、レセプションに言えば無料でもらえます。しかも新品のがです。これはガトンキャラバンパークに滞在していたときには考えられないことでした。

アメニティー施設もしっかりしていて、例えばシャワー室は、完全個室のためプライベート空間がしっかり確保されていたり、個室の空間も広く着替えや荷物を置いておくスペースもしっかり確保されています。

シャワーは無料ですが、ガトンキャラバンパークではシャワーを使うのにトークンというメダルが必要でした。トークンはレセプションで1トークン1ドルで購入できます。1トークンで4分間シャワーが出るシステムだったので、けっこう急いでシャワーを浴びなければならなかったです。その点、リバーサイドキャラバンパークでは、シャワーは24時間浴び放題でしたので、とてもよかったです。

シャワーの水圧も、各個室ごとにシャワーヘッドの形状が異なるので、水圧が弱いものから強いものまであります。僕は水圧が強いシャワーが好きだったので、いつも同じシャワー室を利用してました。

あと、リバーサイドキャラバンパークではレセプション周辺限定になりますが、Free wifiが使えます。ただし、回線速度がかなり遅いので、ダウンロードしたり動画をストリーミング再生しようとすると、なかなか見れずイライラすることも多かったです。ガトンキャラバンパークはFree wifiそのものが無かったので、あるだけマシでした。

2.マリーバの中心まで徒歩約10分という利便性

Photo 12-22-15, 14 56 37

リバーサイドキャラバンパークからマリーバの中心まで徒歩約10分で行くことができるので、とても利便性は良かったと思います。
スーパーマーケットはColes・IGAがありますし、銀行は4大バンクのANZ・NAB・Commonwelth・WESTPACがあります。酒屋も複数ありますので、お酒も困らず購入することができました。

ファーストフードだと、よく利用していたマクドナルドはColesの向かい側にありますし、毎週火曜日は9本で9.95ドルとなるケンタッキーフライドチキンもあります。

雑貨が欲しければ、Target・ THE REJECT SHOPがありますので、最低限のものは揃います。

ただし、雑貨ついては店舗も大きくなく品揃えも決して豊富ではないので、本当に欲しいものはケアンズまで行けば、マリーバより店舗規模の大きいTargetやマリーバには無いK-martがありますので、そちらで購入することをおススメします。

スポンサーリンク

3.たくさんの友達ができる

Photo 12-11-15, 18 24 43

キャラパンパークに滞在していると、良くも悪くも人の流動は激しいです。そのため、多くの人と出会う機会があります。
私の場合、一人でも多くの人と仲良くなりたかったので、色々なキャラバンに遊びにいったり、一緒にご飯を食べたりお酒を飲みながら、多く人と人間関係を構築していました。

私は英語が苦手なので、外国人の友達はほとんど出来なかったですが、キャラバンにはヨーロピアンも多数滞在しているので、積極的に話しかければ、外国人の友達と仲良くなることもできます。

リバーサイドキャラバンパークに滞在している日本人についてになりますが、男女比はほぼ1対1でしたので、プライベートで仲良くなれば一緒滞在してみるなど、より深い人間関係を楽しむことも出来ると思います。

ただし、キャランパーク内は共同生活なので、噂が広がりやすいです。自分が予期せぬ内に情報が拡散されてしまうこともあるので、その点注意が必要です。

4.最新の仕事情報が手に入り易い

Photo 1-1-16, 23 24 19

キャラバンに滞在している人のほとんどが、仕事をしてお金を稼いでいます。そのため、常に仕事に関する最新情報に触れることが出来ます。

私はチキンファクトリーで働きたかったので、求職中はチキンファクトリーで働いている方のキャラバンにお邪魔させて頂き、仕事内容や最近の採用状況などを共有してもらっていました。残念ながらチキンファクトリーで働くことは出来ませんでしたが、その代わりローカルジョブで働くことが出来たのも、一緒に仕事を探している方からの情報提供がきっかけでした。

マリーバは、ハウファームというバナナファームとチキンファクトリーが有名ですが、それ以外にもコーヒー・レモンやシーズナルでマンゴー・ライム・ブルーベリー・アボカド・チェリーなど様々な仕事があります。ファームの規模も何百人のワーカーを雇用しているところからファミリーでやっているところまで様々です。特に、シーズナルのものは短期間に収穫する必要があるため、一時的に多くのワーカーを必要とします。こういう情報もキャラバンで生活していると自然と耳に入ってきますので、仕事を得る機会は高まると思います。

5.豊かな自然がすぐそばにある

Photo 1-1-16, 23 27 16

リバーサイドキャラバンパークのすぐそばにバロン川が流れています。水質は決して綺麗ではないですが、泳いだり釣りを楽しむこともできます。
河原でキャンプファイヤーやBBQをすることもできます。
私が滞在していたキャラバンはバロン側のすぐ横に位置していましたので、朝はバロン川を眺めながら瞑想したり、風景を写真撮影を楽しんだりと、自然を満喫してました。

また、車を持っていれば、エメラルドクリークス・ミラミラの滝・アサートン高原など多くのネイチャースポットがマリーバ周辺にはありますので、是非足を運んでみて下さい。きっと貴重な思い出になること間違いなしです。

6.最後に

Photo 12-22-15, 16 52 26

いかがでしたでしょうか。

キャラバンパークに滞在すること自体が非日常ですので、とても良い経験ができると思います。
キャラバンパークの楽しさは人それぞれ感じ方が異なりますので、実際に滞在してその良さを体験してみるのもいいかもしれません。
もちろん、キャラバン生活が合う人合わない人がいますので、合わなければシェアハウスなどに移動することも可能ですので、せっかくワーホリでオーストラリアに来たのであれば、一度はキャラバンに滞在してみるのもアリだと思います。
私自身、今まで生きてきた中で、このリバーサイドキャラバンパークでの生活が一番充実して楽しかったです。

今後リバーサイドキャラバンパークに滞在される方の参考になれば幸いです。

現在は、マリーバを離れシドニーで新たな生活をスタートさせましたので、シドニーに関する情報も今後アップデートしていきたいと思います。

今日はここまで。

明日は2015年最終日。

カウントダウン楽しむぞーーー!!