tomofeed.com

オーストラリア・ワーキングホリデーブログ

オーストラリアで前向き駐車が一般的な理由

   

オーストラリア 駐車

オーストラリア生活107日目、残り滞在日数258日。

オーストラリア・ワーホリブロガーのTomo(@tomo_lev1)です。

オーストラリアに来て驚いたことはたくさんありますが、その1つが駐車の仕方です。オーストラリア人のほぼ100%が前向き駐車とよばれる前から突っ込む方法で駐車します。そこで、なぜオーストラリアで前向き駐車が一般的なのが理由を考えてみました。

オーストラリアで前向き駐車が一般的な理由

前向き駐車の方がラク

最初に考えられる意見としては、日本で一般的な後ろ向き駐車に比べ、前向き駐車の方が駐車する際ラクという意見です。

たしかに、日本で主流の後ろ向き駐車のようにわざわざバックして駐車する必要がないので、ただ前から突っ込むだけの前向き駐車の方がラクと言われたら、たしかにそうかもしれません。

事実、オーストラリアで車を購入して運転するようになり、なんとなくですが前向き駐車で駐車する機会が増えたような気がします。

周りがみんな前向き駐車なので、じゃあ、それに合わせようかと心理的に思ってしまいます。

オーストラリア人は面倒くさがり?

これは国民性に関係するかもしれませんが、オーストラリア人の多くが面倒くさがりな人が多い気がします。

私はオーストラリアで、3つの職場で働いてきましたが、どの職場のオーストラリア人も面倒くさがりな人が多かったです。

大雑把というか、適当と言うか、そんな感じです。

一方日本人は、国民性として真面目で几帳面な人が多いと言われてます。

オーストラリアに前向き駐車が多いのは、国民性も関係してるかもしれません。

買い物を積み込むのがラク

前向き駐車の最大のメリットが、買い物を積み込むのがラクだということです。

買い物したアイテムをカートに積んで、駐車場まで来たら、最短でトランクにアクセスできます。

後ろ向き駐車のように、毎度トランクまで回り込む必要がありません。

駐車場が広い

オーストラリアは国土が広大で、土地に余裕がありますので、駐車場は比較的ゆったり作られてます。

そのため、駐車場の車と車の車間距離もゆったりしてますし、切り返ししやすいよう道路も広く設計されてるところが多いです。

前向き駐車だと出庫する際、必ずバックする必要がありますので、車間距離にゆとりがあり道路の幅が広く、バックしやすい環境が整ってると言えます。

前向き駐車の最大のデメリットは?

私が前向き駐車で最大のデメリットと感じるのが、バックして出庫する際、視界が限られるので、通行人や車に接触する可能性が高まることです。

運転されてる方なら経験あると思いますが、バックする際ってちょっと怖くないですか?

急に人や車が飛び出して来ないか、恐る恐るアクセルを踏む緊張感。

私はそれがイヤです。

運転する際は、少しでもリスクを回避したいので、出庫する際は必ずバックする必要がある前向き駐車は、よほどの事が無い限りしません。

郷に入れば郷に従え?

とまあ、私はオーストラリアで一般的な前向き駐車に反対の立場ですが、いま滞在してるのはオーストラリアです。

日本じゃありません。

有名なことわざに、郷に入れば郷に従えとある通り、その国や地域の慣習に従うのも大切です。

オーストラリアの方々は、おそらく生まれた頃から前向き駐車が当たり前の生活をしてきましたので、前向き駐車で駐車してる経験数が、日本人と比べ圧倒的に多いです。

どんなに苦手なことも、試行錯誤を続け経験を重ねるうちに上達するものです。

もしかしたら、前向き駐車を続けることによって、前向き駐車のコツが徐々に掴めてくるので、出庫する際のリスク低減方法や安全配慮の仕方など、前向き駐車に対する不安を軽減することはできるかもしれません。

さいごに

といっても、やはり前向き駐車より慣れ親しんでる後ろ向き駐車の方が、私は好きです。

オーストラリアで後ろ向き駐車をする唯一のデメリットは、駐車場に車を止めると、ほとんどが前向き駐車の車ばかりなので、後ろ向き駐車の車が目立つということです。

まあ、私が乗ってる車はめっちゃボロいし車内に金目のものはほとんどないので、盗難のリスクはそこまで高くないと思いますが・・・

とうことで今回は、オーストラリアで一般的な前向き駐車についてその理由を考えてみました。

 - ,