シドニーのMaze Backpackersに5泊したのでレビューしてみた

Photo 1-6-16, 13 04 52

オーストラリアのシドニーでワーホリ中のTomo(@tomo_lev1)です。

今回は、1月5日から1月10日まで5日間滞在した、シドニーのMaze Backpackersをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

Maze Backpackersを選んだ理由

Photo 1-8-16, 14 43 40

シドニーの宿はどこにしよーかなー…

年末前にマリーバからシドニーに引っ越して来た訳なんですが、当初の計画だとシェアハウスに滞在して仕事探しをする予定でしたが、実際はシェアハウス探しも仕事探しもグタグタで…

で、シェアハウスや新しい仕事が見つかるまでの間という条件で、シドニーに滞在しているお友達のお家に滞在せてもらっていたのですが、ハウスキーピングの人に目をつけられたり、管理人さんが気難しい人だったりと、いろいろマイナス要因が重なって、滞在が困難になってしまいました。

そこで、新たな宿探しをした訳なんですが、

調べてみて改めて思ったのが、

シドニーのバッパーって高いですね…

私は、Booking.comというサイトを使ってバッパーを探していたのですが、

本当に高い!

もちろん、高くないバッパーもたくさんありますが、私が希望していた条件は、

  • シングルルーム
  • 利便性がいい
  • 少しでもレントが安いところ

という条件で探していました。

すると、シングルルームの時点で、1泊50ドル以上するんですよね。

さらに、駅からの距離や施設の充実度などが組合わさると、該当するバッパーってほとんど無くて…

で、たまたまタイミングよくなのか、このMaze Backpackersのシングルルームに空きがあり、ロケーションもレント代も許容範囲と言うことで、ここに決めたのでした。

Photo 1-9-16, 20 28 43

結果、5泊で280ドルでした。

うひょー。笑

Maze Backpackersってこんなところ

  • Maze Backpackers
  • Address:417 Pitt St、Sydney NSW 2000

Booking.com|Maze Backpackers

それでは、私が滞在したシングルルームを例に、Maze Backpackersを簡単にご紹介したいと思います。

客室(シングルルーム)

Photo 1-5-16, 17 30 26

これが、ベッドです。

Photo 1-5-16, 17 30 18

壁側にカーテンと窓と扇風機があります。

Photo 1-5-16, 17 30 31

コンセントは1カ所だけで、2個差し込み口があります。

Photo 1-5-16, 17 30 22

1人用ソファーが1脚。

Photo 1-5-16, 17 30 48

レセプションでチェックインした際に渡される鍵類です。

カードがレゼプション横にある2階へ通じる階段の扉のカードキーで、63と書いてある鍵が部屋の鍵になります。

Photo 1-5-16, 17 30 11

部屋のドアの裏側に貼ってある注意書き。

ここに色々書いてあります。

脱衣所

Photo 1-9-16, 14 39 27

脱衣所は、エリアによって作りは異なりますが、どこもトイレとシャワー室が一カ所にまとまってます。

Photo 1-9-16, 14 39 39

これがトイレです。

Photo 1-9-16, 14 39 55

これがシャワー室になります。

各エリアに3室〜4室ほどあります。

もちろん、ちゃんとお湯がでます。

シャワーの水圧は普通かちょっと弱い感じでした。

一斉に使うと、水圧はかなり弱くなります。

スポンサーリンク

実際に滞在してみて感じたこと

Photo 1-10-16, 09 02 16

それでは、Maze Backpackersに5日間滞在したので、Good・Badで振り返ってみたいと思います。

良かった点

  • ロケーションがいい

Maze Backpackersに滞在して一番良かったと感じたことが、ロケーションの良さでした。

最寄り駅はTown Hallになりますが、実際歩くと5分から7分ほどかかります。

ただ、Maze Backpackers滞在中は、電車を使うことがほとんどなく、シドニー市内の散策がメインでしたので、バッパーからシドニーの中心街にすぐアクセスできた点はとてもよかったです。

  • 24時間出入り自由

これも当たり前かもしれませんが、バッパーの出入りは24時間自由です。

私はシングルルームだったので、自分の好きな時間に帰ってくることができました。

これが、例えば4人部屋とかだと、なかなかそうはいかないと思います。

夜遅い時間に帰って来たら、シェアメイトはたぶん寝てると思いますので、色々気を使う必要があったりと、自由度は低かったと思います。

悪かった点

  • Free Wifiが無い

このバッパーには、Free Wifiがありません。

有料でWifiが使えて、12ドルで7日間・4ドルで24時間のプランがあるみたいですが、1日の容量制限や速度が不明だったのと、市内でFree Wifiが使える箇所を複数見つけたので、バッパーでわざわざ契約してまで利用する必要はなかったです。

  • トイレ・シャワーエリアの臭いが気になる

Maze Backpackersの建物は3階建てで、1階がフロント、2階が共同キッチンと客室、3階が客室という作りでした。

私は3階にあるシングルルームに滞在していて、3階には2カ所トイレ・シャワーエリアがあります。

で、グリーンとイエローのトイレ・シャワーエリアのうち、イエローの方は、万事臭いがキツイんです。

もう長時間いるのはまず無理で、その空気を吸ってるだけで気分が悪くなってきます…

まあ、このイエローのトイレ・シャワーエリアを使わなければいいだけの話なんですが、私の部屋から近いのがイエローの方だったので、毎回ちょっと離れたグリーンの方まで行ってました。

  • 部屋への食べ物の持ち込みがNG

これも、残念なことの1つですが、客室への食べ物の持ち込みが出来ません。

例えば、ドミノピザを購入しても、部屋に持ち込むことはできなので、食事をする際は2階の共同キッチンでしか食べることがでませんでした。

  • お友達をバッパー内に入れることが難しいかも

バッパーの1階がエントランスで、2階・3階の客室にいく為には、エントランス付近にある階段が唯一のアクセス方法になります。

1階から2階に繋がる階段には扉があって、ここは入居者に渡されるIDカードがないと開けられないです。

で、日中はエントランス付近はチェックインをする人や色々な人が出入りしているので、滞在者と一緒に外部の人が入ってもスタッフに気づかれにくいですが、深夜以降はエントランス付近にスタッフが常駐してますので、IDカードがある人だけ入館できます。

そのため、もしどうしてもお友達をバッパー内に入れたいのであれば、日中の慌ただしい時間帯にスキを見て入館するのがベターじゃないでしょうか。

あっ、決してバッパーに滞在している人以外を入館させることを推奨してる訳じゃありませんので、あしからず。

  • 滞在者の約9割はヨーロピアン

えー、滞在者の約90%はヨーロピアンになります。

アジア系は、日本人を含め、ほとんどいません…

私が日本人の滞在者に会ったのは、チェックイン当日に1階のレセプションで受付してる際に、横にいた関西弁を話す2人組の女の子だけです。

日本人の方が多少はいるかと思ってましたので、あまりにもと言うか、ほとんどいませんでしたので、その点は残念でした。

最後に

Photo 1-10-16, 10 46 14

いかがでしたでしょうか。

Good・Badで書き出してみたら、Badが多かったですね…

ただ、滞在してみた感想は、良くもなく悪くもなくって感じです。

Badの内容も、ちょっと気になった程度のことなので、滞在自体に打撃を与える程のインパクトのあるものはありませんでしたし。

また、私の場合、オーストラリアに来てからずっとキャラバン生活だったので、キャラバン生活との比較で考えてしまっている点、仮にシェアハウスで生活していたら、感じ方はかなり変わっていたと思います。

長期滞在を視野にこのバッパーに滞在される方は、Booking.comのレビューなどを参考にしながら検討してみて下さい。

それでは、今日はここまで。

See Ya!!