2週間APGに通うも、結局マリーバのチキンファクトリーで働けなかった件

LRG_DSC04866

オーストラリアのマリーバでワーホリ中のTomo(@tomo_lev1)です。

今回はマリーバにあるチキンファクトリーで働くことになりましたので、働くまでに私がどのようなことをしたのかご紹介したいと思います。

と、言いたかったのですが、この記事を下書き保存したのが9月1日で、その後APGからまさかの連絡があり、結局チキンファクトリーで働くことができませんでしたので、そのあたりも含め、2週間に渡る求職活動状況をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

チキンファクトリーで働きたかった訳とは?

そもそも、私がチキンファクトリーで働きたかった訳について触れたいと思います。

私がマリーバのチキンファクトリーの存在を知ったのは、今年の4月にオーストラリアへワーホリで行く為に情報収集をしている際に見つけた、まいさいぱくちーの管理人であるふじもとしょうへいさんの記事でした。

 チキンファクトリーで働き始めて8週間。僕の知っている情報、大、大、大公開します! | まいさいぱくちー
チキンファクトリーで働き始めて8週間。僕の知っている情報、大、大、大公開します! | まいさいぱくちー

現在、マリーバのチキンファクトリーで働きたいと考えてる人の多くは、ふじもとしょうへいさんの記事を見て来てます。

特に目を引いたのが、シーズンに関係なく一年を通して働ける雇用環境と何と言っても時給23.33ドルという高時給でした。

ただ気になったのが、マリーバのチキンファクトリーについての記事が、ふじもとしょうへいさん以外ほとんど無かったので、情報量の少なさが気になってました。

一方、私がオーストラリアにきて最初にファームジョブをする場所として選んだガトンは、ファームジョブ関連のブログやサイトで多くの人が記事にしてるので、情報量の多さが決め手となり、私のワーホリ生活はガトンからスタートしたのでした。

チキンファクトリーで働く為にやるべきことは2つ

それでは、実際にチキンファクトリーで働きたい場合、どのようにすればいいのか一連の流れを見てみましょう。

APGのサイトに登録する

まず、はじめにやることは、派遣会社に登録することです。

ふじもとしょうへいさんの記事にも書いてありますが、APG(Australia Personnel GLOBAL)というエージェントがチキンファクトリーの仕事を斡旋してますので、サイトから個人登録をして、レジュメを送付しましょう。

毎日APGに通う

DSC04449

次にやることは、毎日APGに行って、チキンファクトリーで働きたいとアピールすることです。

  • APG Mareeba Office
  • Address:227 Byrnes St Mareeba QLD 4880
  • Phone:(07) 4092 1334
  • 営業時間:月〜木曜日 8:30-16:30 / 金曜日 8:30-3:30 / 土日祝は休み

ぶっちゃけ、APGのサイトから個人登録してレジュメを送付したところで、APGから「チキンファクトリーの仕事があります」みたいな連絡が来ることは、まずないでしょう。

なぜなら、APGのオフィスには毎日チキンファクトリーで働きたい人がたくさん来ます。

また、一日複数回行くことも大切です。

チキンの仕事をもらえるかどうかは、本当に運です。仕事があるときにタイミングよく行けば仕事がもらえますので、ウェイティングリストに名前を書いたとしても、正直あてになりません。

スポンサーリンク

チキンの仕事を紹介してもらえたらやること

さて、私の場合、APGに通い始めて3日目の9月1日に、朝一でオフィスに行くとタイミングよくチキンの仕事を紹介してもらえました。

チキンファクトリーで働く為には、APGへの本登録とチキンファクトリー(Baiada)と契約をかわす必要がありますので、そのまま奥の個室に連れて行かれ、台湾人の女の子2人と一緒に手続きをしました。

手続きをするに当たり、必要な資料は

  • パスポート
  • タックスファイルナンバーの番号
  • ワーホリビザの番号

になります。

書類はすべて英語になりますので、英語が苦手な方はスマホなどで調べられるよう準備をしておくといいかもしれません。

APGの登録に関する書類の記載が終わりましたら、次に簡単な体力測定があります。

といっても、前屈したり、箱を持ち上げたり、握力を計測したりする位です。

そして、チキンファクトリーで働く際の注意事項がまとめられたDVDを見ます。

最後に、チキンファクトリーの会社の雇用契約書にサインします。これが結構大変で、枚数だと20枚前後、サインする箇所は50カ所程度あったんじゃないでしょうか…

もう、何が書いてあるか全く分かりませんでしたが、とにかく必死にサインしました。

すべてサインし終えると、最後に翌日以降の流れを説明してくれます。

私の場合、9月2日に20ドルとパスポートを持ってチキンファクトリーの工場に行き、9月3日から仕事スタートと伝えられました。

仕事内容は、パッキングと言ってましたので、まいさいぱくちーのふじもとさんと同じセクションで働く予定でした。

結果、朝8時30分から手続きを始め、オフィスを出たのはお昼の12時でしたので、実質3時間半手続きに掛かりました…

Photo 8-31-15, 16 11 42

ちなみに、私がオフィスを出る時に出入り口のドアを見ると、「Closed Staff in training」の張り紙が貼ってましたので、もしこの張り紙があってあったら、中で誰か手続きをしてるのかもしれません。

9月2日の朝、APGからまさかの連絡が…

さて、順調に思われた仕事探しも、ここでまさかの展開になります。

APG

9月2日の9時に、APGの担当者から1通のメールが携帯電話に届きました。

内容を確認してみると…、なに!!

ポジションが埋まってしまったから、今日はチキンファクトリーのオフィスに行かなくていいだと!

理由が全く分からなかったので、急いでオフィスに行くも、オフィスは閉まってるし担当者に連絡しても返事が無い…。

結局、この日はチキンファクトリーに行けず、APGとも連絡が取れずに終わりました。

後日談になりますが、私と一緒に手続きをした台湾人の女の子2人は無事採用されていました。

2週間が経過…、そして分かったこと

APGへ通い始めてから2週間が経ちましたが、結局チキンの仕事はもらえませんでした。

んー、タイミングが悪かったのかな…

ただ、実際にマリーバに来て、チキンファクトリーで働いてる人と話をして分かったこともあります。

2015年9月現在、チキンファクトリーの時給は23ドルを切って、22.33ドルです。

つまり、ふじもとさんが記事を書かれたのが2014年7月なので、この1年間で時給が下がっていました。

これからマリーバでチキンファクトリーでがっつり稼ぎたいと考えてる人は、注意した方がいいかもしれません。

ちなみに、私がガトンでやっていたブロッコリーカッティングの仕事の時給は、21.61ドル(オーストラリアの最低賃金?)でした。

最後に

さて、いかがでしたでしょうか。

ガトンからマリーバに来る際は、まだマリーバがシーズンに入る前なんで、チキンの仕事も簡単に見つかるだろうと考えてましたが、甘かったですね。

結果論になりますが、あと3週間早くマリーバに来てれば、すぐチキンの仕事を紹介してもらえたみたいです。

あー、うまくいかないもんですね。。。

現在は別の仕事が見つかりましたので、そっちで働いてます。

それでは、See Ya!

コメント

  1. けい より:

    はじめまして。こんにちは。ケイと申します。
    今私はエアーという所てファームジョブをしています。

    チキンファクトリーは少し時給が下がってるんですね。。
    実は9月にアプライして1w後くらいにチキンファクトリーからポジションが空いたと連絡があったのですが、待ちきれずにエアー行きのチケットを買ってしまっていて断りました。。
    ファームでガッツリ稼ごう!とやってきたのですが、マンゴーが不作で多くて週3しか働けてない状態です。チキンファクトリーにもう一回アプライしようかなーって迷ってる時にこなブログを見つけたのでコメントした次第です!

    • Tomo より:

      ケイさん
      コメントありがとうございます。
      私が滞在しているマリーバのキャラバンパークでも先週からマンゴーファームで働き始めた方はいますよ。
      ただ、ファームによってマンゴーの育ちが異なるようで、週6で働けてる方もいれば、ほとんど働けてない方もいます。
      チキンファクトリーで働いてる方によると、日本人について9月以降ほとんど採用がないみたいです。
      これから再度チキンファクトリーにアプライされる場合、採用されるまで時間がかかるかもしれませんので、ご参考までに。