ハンターバレー・ワイナリーツアーに参加した感想と注意点まとめ

Photo 1-16-16, 13 12 13

オーストラリア・ワーホリから日本に一時帰国中のTomo(@tomo_lev1)です。

日本、寒いですね。

16時頃に成田空港に到着したら、現在の気温は5度ってアナウンスがありました…

さて今回は、1月16日にハンターバレーのワイナリーツアーに参加してきましたので、その様子をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

1.ワイナリーツアーに参加した訳とは?

はじめに、ワイナリーツアーに参加した背景からお伝えしようと思います。

シドニーに来て仕事を探していた訳なんですが、急遽日本に帰国することになり、仕事探しを一旦ストップさせました。

帰国のエアチケットが1月18日なので、帰国するまで時間があったんですね。

で、せっかくなんで、シドニーの見所をこの際楽しんじゃおうと思い、シドニーのツアーを色々検索してると、

ハンターバレーのワイナリーツアーが出てきたんです。

ほんと、これ人気みたいで、Tripadvisorという世界中の観光スポットなどをレビューしてるサイトがあるんですが、ここの評価が高いんですよね。

5点中4.5点ぐらいあって、口コミで好評価を受けてる観光スポットで、エクセレンス認証も授与されてます。

▼トリップアドバイザー|世界最大の口コミ旅行サイトハンターバレー ワインツアー

2.どこから申し込んだの?

早速申込をしようと、Tripadisorのハンターバレー・ワイナリーツアーのページ記載されていた住所に行ってみることに。

  • Address:84 Pitt Street, Sydney, New South Wales 2004, Australia

到着したので、ハンターバレーのワイナリーツアーを申込できそうなお店を探したのですが、それっぽいお店を見つけることはできませんでした…

一応、Tripadvisorには、サイトのリンクも貼ってあったので、リンク先をチェックしてみると、Hunter Valley Wine & Tourism AssociationmのHPに飛ぶのですが、Tripadvisorに記載されてる住所と一致しないんですよね…

もう、よく分かんなかったので、ツアーに参加するのを諦めてましたが、ちょうど滞在していたバッパーにツアーの申込窓口があったのを思い出し、ハンターバレーのワイナリーツアーの取扱があるか、ダメ元で聞いてみることにしました。

backpackers world travel|Australia Sydney – Bounce Hostel

私:「Do you have Hunter Valley Winery Tour?」

と聞いてみると

スタッフ:「Yeah!, I have」

と、パンフレットを見せてくれました。

Photo 1-16-16, 15 42 12

Photo 1-16-16, 15 42 22

すると、ハンターバレーのワイナリーツアーが掲載されてるじゃないですか!!

色々話を聞き、人気があるみたいでしたので、申し込むことにしました。

価格が、

  • Concession:109ドル
  • Full Price:129ドル

と、2つあったので、Concessionの意味が分からなく

私:「What’s concession?」

スタッフ:「Student price!」

私:「I’m not student, haha.」

スタッフ:「いいよ、学生で申込できるから!」

と、学生価格で申込することになりました。

スタッフさんの裁量で決められるんですね。笑

カードで支払いを済ませ、Vouchersに記載されてる内容を一緒に確認しました。

集合場所は、Central Starion近くのSydney Central YHAに7時30分でした。

スポンサーリンク

3.当日集合場所に行ってみると…

Photo 1-16-16, 05 18 15

  • Sydney Central YHA
  • Address:11 Rawson Pl、Sydney NSW 2000、Australia

1月16日、普段は9時ぐらいに起きるんですが、7時30分集合だったので、5時頃から起きて準備を進めてました。

で、早めに現着したかったので、7時20分頃にSdney Central YHAに到着してみると

Photo 1-16-16, 05 36 01

おお!

たくさん人がいるじゃないですか。

しかも、色々なバスが横付けしていたので、どうやら様々なツアーの集合場所になってみるみたいでした。

で、大変だったのが、自分のツアーのピックアップバスを見つけることでした。

日本だと、バスのフロント部分に「◯◯ツアー」みたいな表示があるじゃないですか。

こっちはそういう表示が一切無く、手がかりはVouchersに記載されていたColourful TripsとHunter Valley Tripのツアー名だけでした。

Photo 1-16-16, 15 43 11

で、待っていると、横付けするバスのなかに、Colourful Tripsとラッピングされたバス見つけたので、Vouchersを見せながらドライバーに聞いてみると

私:「This bus is Hunter Valley Trip?」

バスの運転手:「no, another bus, come here」

と付いていくと、別のバスの運転手がいたので

私:「Is this Hunter Valley Trip?」

とVouchersを見せながら聞いてみると

バスの運転手:「Yeah, what’s your name?」

私:「Tomo.」

と伝え、ネーミングリストで確認がとれたので、バスに乗車することになりました。

バスは、20人から30人乗りの、白色のバスで、既に10人前後が乗車していました。

今回のツアー参加者の内訳は、

  • 合計13人
  • 日本人4人
  • 女性が10人で男性が3人
  • 日本人の男性は、私だけでした…

そして、Hunter Valley に向けてバスは発車したのでした。

4.ツアーの内容

それでは、今回のツアーを時系列で振りかって見ましょう。

4-1.7時30分 ピックアップ

先ほども触れましたが、Sydney Central YHA前に集合でした。

様々なバスが横付けしますので、早めに来て待ってるようにしましょう。

あとは、バスのドライバーさんっぽ人を見つけて、Vouchersを見せながら、このツアーのバスはどこですかって聞けば、色々教えてくれます。

Photo 1-16-16, 05 59 18

で、乗車から約10分後、お昼ご飯のパンの種類をどれにするかアンケートが回ってきます。

名前を書いて、希望するパンにチェックを入れます。

今回は、皆さんChicken salad rollにしてましたの、私も同じものにしました。笑

4-2.9時20分 サービスエリアで休憩

Photo 1-16-16, 07 24 54

  • Oliver’s Real Food – Northbound M1 Wyong
  • Address:Wyong NSW 2259、Australia

サービスエリア?で小休憩をとります。

だいたいトイレに行かれる方が多く、カフェやマクドナルドも敷地内にありました。

滞在時間は約10分から15分程でした。

4-3.10時40分 McGUIGAN

  • McGuigan Wines
  • Corner of Broke and McDonalds Roads、Pokolbin NSW 2320、Australia

Photo 1-16-16, 08 39 39

出発から約3時間、ようやく最初のワイナリーに到着しました。

ワイナリーの名前は、マクギガン・ワインズ

オーストラリアでは、かなり有名なワイナリーのようです。

ちょっと店内を見回して、そのままテイスティング室へ。

Photo 1-16-16, 08 51 31

Photo 1-16-16, 09 19 34

U字型のカウンターが3つあり、テーブルの上には

  • テイスティング用のグラス
  • ワインの一覧が印刷された紙
  • ビンに入ったお水
  • ワインを捨てる入れ物

が置いてありました。

流れは、スタッフの方が各テイスティングするワインの説明をして、1人1人にワインをついで、雑談するみたいなのを繰り返す感じでした。

Photo 1-16-16, 09 10 41

今回テイスティングしたのは、合計8本で、内訳は

  • White:3本
  • Red:3本
  • Personal Reserve Wines:1本
  • Desert Wines:1本

でした。

テイスティング自体初めての経験だったので、最初の3本ぐらいまではついでもらったワインを全て飲んでましたが、4本目以降は、一口飲んで全て捨ててました。

飲んでみたら分かりますが、けっこう酔います。

感想としては、どのワインも美味しかったです。

Photo 1-16-16, 09 23 20

Redワインは苦手なんですが、Black Label Redはとても美味しかったです。

スタッフの方いわく、オーストラリアで一番売れてるRedワインだとか。

Redワイン独特の渋みはそこまで強くなく、なんかフルーティーな味わいがあって、とても口当たりの良いワインでした。

これは、確かに人気があるのも分かります。

価格も12ドルなので、ともてリーズナブルなんじゃないでしょか。

テイスティング自体は、トータル40分前後で、その後店内にある売店コーナーで買い物や、チーズファクトリーも併設してましたので、そこで買い物などを楽しみ、次のワイナリーへ移動しました。

4-4.12時 DRAYTON’S FAMILY WINES

Photo 1-16-16, 10 05 49

2件目のワイナリーは、DRAYTON’S FAMILY WINESになります。

McGUIGANからの移動時間は、10分程でした。

Photo 1-16-16, 10 07 12

到着したら、そのままテイスティング室に案内され、テイスティングを楽しみました。

Photo 1-16-16, 10 07 01

壁一面に、古いワインが展示されていて、とてもお洒落な場所でした。

Photo 1-16-16, 10 07 45

テイスティングしたのは、

  • White:4本
  • Red:3本
  • Desert Wine:1本

の、合計8本になります。

えー、まだ2件目ですが、私は既にいい感じに酔ってましたので、ちょっと飲んで、ほとんど捨ててました…

感想としては、どれも普通でした。

ここは、チーズとビスケット?が振る舞われたので、それが良かったです。

Photo 1-16-16, 10 47 11

テイスティングが終わると、ワイナリーの敷地内にあるベンチで昼食を食べます。

ここで食べる昼食というのが、バス内でアンケートに答えたパンになります。

これ、けっこう量が多いので、多少お腹を空かせておかないと、完食できないかもしれないです。

昼食の時間は約30分程でした。

4-5.1時15分 Wynwood Estate

Photo 1-16-16, 11 15 11

3件目のワイナリーは、Wynwood Estateになります。

2件目のワイナリーから、移動時間は5分ほどで、あっという間に到着します。

Photo 1-16-16, 11 35 50

到着したら、そのまま店内に入り、テイスティングを楽しみます。

Photo 1-16-16, 11 18 21

ここで、テイスティングしたワインは合計7本で、内訳としては

  • White:3本
  • Red:3本
  • Sweet Wine:1本

になります。

個人的には、最後にテイスティングした、Sweet wineが美味しかったです。

Cherry Blossomですが、甘さが控えめでとても飲み易かったです。

Photo 1-16-16, 11 56 59

ここは、Museumが併設されていて、昔ワインがどのように作られていたのか知ることができます。

貴重な機械も展示されてますので、個人的にはとても興味深かったです。

Photo 1-16-16, 12 04 48

で、ここで一番よかったのが、ワイナリーの横に広がるぶどう畑の風景でした。

ここで、女の子達は、ジャンプをした瞬間の写真を撮ったり、思い思いに楽しんでました。

4-6.14時20分 HUNTER VALLEY GARDENS

Photo 1-16-16, 12 29 30

最後に訪れたのが、HUNTER VALLEY GARDENSになります。

Photo 1-16-16, 12 26 16

Photo 1-16-16, 12 22 39

到着して、チョコレートのお店で試食をして、自由時間って感じでした。

お店はカフェやお土産屋さんなどたくさんありましたが、私は疲れていたのでカフェでカプチーノを購入しただけでした。

滞在時間も20分程度しかなかったので、ゆっくりお店を回ることは難しかったんじゃないでしょか。

集合時間になりましたら、バスに戻り帰ります。

4-7.15時30分 サービスエリアで休憩

行きの際にも利用した、サービスエリアで10分程休憩をとります。

ほとんどの人が、トイレ休憩で利用してました。

4-8.17時 解散

17時にCentral Station付近に到着し、現地解散となりました。

5.ツアーに参加してみて…

それでは、今回ハンターバレー・ワイナリーツアーに参加して感じたことを振り返りたいと思います。

5-1.総テイスティング数は、23本

Photo 1-16-16, 09 22 02

今回、訪れたワイナリーは3件で、総テイスティング数は23本でした。

ツアーに参加する前は、ワイナリーは5件程回れたら良いなーと思ってましたが、3件でも十分楽しめました。

テイスティングしたワインは、合計23本でしたが、個人的にはちょっと多かったかなって感じです。

というのも、ワインについて詳しい方はとても楽しめると思いますが、そこまでワインに詳しくないと、正直どれも同じ味に感じてしまい、そこまで違いは分からないんじゃないでしょうか。

また、ツアーに参加していた人も言ってましたが、最初に訪れたMcGUIGANのワインが一番美味しかったので、2件目3件目のワインは、ちょっと物足りない感じがしてしまいました。

5-2.英語が分からないと辛いかも…

Photo 1-16-16, 10 06 10

今回申し込んだのは現地のツアーになります。

当たり前ですが、全て英語ですので、英語が分からないとちょっとつまんないかもしれないです。

私は、ワイナリーツアーってどんな感じなのか知りたかったのと、今回のツアーを通じて、ハンターバレーまでの道のり・街の雰囲気・ワイナリーの場所を知りたかったので、そこまで英語が分からなくても楽しめました。

ワインそれぞれの特徴や各ワイナリーのスタッフとコミュニケーションを楽しみにツアーに参加するのであれば、日本語の通訳さんが同行するツアーに参加した方がいいと思います。

5-3.1人で参加は辛いかも…

Photo 1-16-16, 11 15 06

今回、私は1人でツアーに参加しましたが、参加者のほとんどが、お友達同士や家族・夫婦での参加でした。

参加者とうまくコミュニケーションがとれれば、そこまで孤独感を感じることは無いと思いますが、ちょっと1人で参加するのおススメできないかもです。

ただ、ドライバーさんが気を使って色々話しかけてくれましたし、ワインのこと以外にも色々シドニーの見所やプライベートな話もできましたので、個人的にはとても良い経験ができたと思います。

5-4.最初はツアーで参加するのがいいかも

Photo 1-16-16, 10 20 44

あと、当初私はハンターバレーまで電車で行って、ワイナリーを回ろうと考えてましたが、正直、車と土地勘がないとかなり厳しいと感じました。

バスも通ってると思いますが、かなり田舎なので、バスの本数も少ないと思いますし、バス停からワイナリーまでの距離感も不明ですので、初めてハンターバレーのワイナリーを回るのであれば、ツアーで参加するのがベストかと思います。

また、ワインのテイスティングは、ツアーに参加しなくてもできますが、どのようにスタッフに声を掛ければいいのか、どのワインがおススメなのかなど、色々事前に調べることが多いと思いますので、ツアーで感覚を掴んで、2回目以降は、車をレンタルするなどして、ワイナリーを回るのがいいかと思いました。

6.最後に

Photo 1-16-16, 08 35 05

いかがでしたでしょうか。

普通にシドニーで生活していたら、たぶんハンターバレーに行くことは無かったと思いますが、せっかくシドニーにいるんだから、どこか有名な観光スポットに行きたいなーと思ったことがきっかけで、ツアーに参加してみました。

ハンターバレーのワイナリーツアーについての情報は、そこまで多くないと思いますので、今後ハンターバレーのワイナリーツアーに参加される方のお役に立てれば幸いです。

興味のある方は、是非ツアーに参加してみて下さい。

今日は、ここまで。

日本に帰ってきましたが、やっぱり日本人多いですね。当たり前か。笑

それでは、See Ya!