まるで舞踏会のよう!?オーストラリアの競馬場は日本と全然違った

DSC04679_1

DSC04679_1

どもー、オーストラリアでワーホリ中のTomoです。

今回は、競馬場に行ってきましたので、その様子をお伝えしようと思います。

それではどーぞ!

スポンサーリンク

1.今回行った競馬場はここです

今回訪れた競馬場は、マリーバの中心から徒歩20分、車で3分のところにある、Ooralea Racecourse(オオーラリー・レースコース)になります。

DSC04584

駐車場もありますので、車で来ることも可能です。

2.場内にある施設はこれだ

それでは、早速場内に入ってみましょう。

入場料

DSC04588_1

場内に入場するためには、入り口で入場券を購入しましょう。

ADMISSION(入場料)は、

  • ADULTS(大人):10ドル
  • PENSIONERS(年金受給者):5ドル
  • 16歳以下の子供:無料

になります。

RACE BOOKSも4ドルで購入することができます。

ちなみに、入場料をはじめ、馬券・ドリンク・フードなど場内での決済はすべて現金のみとなります。カードは使えませんのでご注意下さい。

DSC04589

入場料を支払うと、このような小さいチケットを渡されますので、入り口のスタッフに見せて入場しましょう。

ドリンク

さて、レースがスタートするまで、まだ時間がありますので、何かビールとか飲み物がほしいですね。

DSC04598

飲み物の購入方法は、まずこの券売所でドリンクのチケットを購入します

DSC04597

料金は、

  • BEER(ビール):5ドル
  • WINE GLASS (グラスワイン):5ドル
  • WINE BOTTLE (ボトルワイン):20ドル
  • SPIRIT (スピリット):6ドル
  • UDL(United Distillers Limited):8ドル
  • SOFTDRINK:2.50ドル

になります。

DSC04621

チケットを購入したら、THE PIMS BARでチケットを渡して、ほしいドリンクをスタッフに伝えましょう。

DSC04599

DSC04604

買ったのは、VICTORIA BITTER。

DSC04602

スタッフに言えば、ドリンククーラーも付けてくれます。

いやー、冷えてて美味しかったー!

フード

DSC04630

ちょっとお腹がすいたら、場内にある売店で軽食が購入できます。

DSC04619

DSC04629

メニューはたくさんありますので、写真を参考にしてみて下さい。。。

DSC04631_1

私は、4ドルのフライドポテトを購入しました。

競馬場で食べるフライドポテトは、格別においしいですね。

ちなみに、場内へ食べ物・飲み物の持ち込みは可能なはずです。というより、みんなお弁当とか持ち込んで食べてました。笑

馬券

ビールも飲んで、フライドポテトで小腹も満たしたところで、馬券を購入してみましょう。

馬券を購入する場所は、2カ所あります。

DSC04593

ひとつは、TAB(Totalizator Agency Board)から購入する方法。

DSC04590

もうひとつは、エージェント?から直接購入する方法です。

このように、パラソルを広げて個々に馬券を販売してます。

私は、後者のエージェントのひとつから馬券を購入することにしました。

DSC04635

これが、私が購入した馬券です。

スポンサーリンク

3.レースを観戦しよう

さあ、いよいよレースが始まりますので、レースが見える場所に移動しましょう。

DSC04646

座ってゆっくり観戦したいなら、スタンド席から観戦しましょう。

LRG_DSC04643

臨場感を味わいたいなら、冊の近くで観戦するのがおススメです。

LRG_DSC04680

遠くか競走馬が迫ってくる足音や迫力はすごかったです!!

今日のレースは全て900mでしたので、あっと言う間にゴールします。

4.馬券を払い戻してもらう

馬券を購入して当たりましたら、払い戻してもらいましょう。

払い戻してもらう場所は、馬券を買った場所になります。

TABで購入したらTABで、各エージェントから購入したら各エージェントで払い戻してくれます。

5.レース以上に楽しめるファッション

DSC04671_1

今回、競馬場に来て一番驚いたのは、地元の人達がすごいお洒落をして来てることです。

女性はドレス姿で頭に大きな花の飾り物を付けて、男性はタキシード風のしっかりとした服装でした。

DSC04668

私は普段着で行きましたので、若干浮いてました…笑

というより、アジア人は私達ぐらいでした。

年齢も幼稚園児ぐらいの小さい子供からお年寄りまで、幅広い年齢層の方々が来場してました。

6.最後に

DSC04613

さあ、いかがでしたでしょうか?

ワーホリで競馬場に行く人は少ないと思いますので、とても貴重な経験が出来たと思います。

率直な感想として、競馬場に来る人はギャンブルをしに来てると思ってましたが、意外にもレースの勝敗以上に、ここでのコミュニケーションを純粋に楽しんでる人が多かったのが印象的でした。

日本の競馬場の印象と全く異なりますので、異文化に触れると言う意味では、本当に貴重な体験が出来たと思います。

もし、オーストラリアに滞在中で近くに競馬場がありましたら、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、Ooralea Racecourseで次の競馬の開催は、12月のBOXING DAYと書いてましたので、3ヶ月先ですね…

また機会がありましたら、私も行ってみたいと思います。

それでは、See Ya!!