転職を決断するポイント8つ、失敗しない転職方法も紹介します

働く

この記事で解消できる悩み

  • 転職すべきか、迷ってる
  • 転職を決断するタイミングやきっかけが分からない
  • 転職を決断するポイントを教えてほしい
  • 転職のやり方が、わからない

この記事を読むことで、上記の悩みや疑問を解消できます。

この記事を書いてる人

  • トモ(右側の人)
  • 1986年生まれ、千葉県出身
  • 訪問販売、法人営業、MLM、ファームジョブ(オーストラリア)、Webサイト運営、FX、電脳せどりなど、国内外で14の仕事を経験
  • 個人事業主3年目
  • 詳細プロフィールはこちら

気になる目次をクリックすると、目次のパートに移動できますよ。

本記事の流れ


本記事の流れについて、ご紹介します。
下記のとおりです。

  • 転職を決断する前に必ず確認すべきこと【4つ】
  • 転職緊急度の簡易診断
  • 転職を決断するポイント【8つ】
  • 転職方法【4つ】
  • おすすめの転職サービス

各項目については、以下のとおりです。

転職を決断する前に必ず確認すべきこと【4つ】

転職を決断する前に、確認しておくべき項目を4つご紹介します。
4つの項目を確認することで、本当に転職すべきか判断することができます。

転職緊急度の簡易診断

後ほどご紹介する転職を決断するポイント8つの簡単なチェック項目になります。
当てはまった数に応じて、今すぐ転職すべきか、転職の緊急度合いが分かります。

転職を決断するポイント【8つ】

具体的に転職を決断するポイントを8つご紹介します。
現状の働き方や職場環境と照らし合わせながら、確認してみてください。

転職方法【4つ】

転職方法を4つご紹介します。
それぞれの転職方法のメリットデメリットを知ることで、どの転職方法が自分にピッタリ合うのか、確認できますよ。

おすすめの転職サービス

おすすめの転職サービスをご紹介します。
転職で失敗したくない方は、参考にしてみてください。

転職を決断する前に必ず確認すべきこと【4つ】


転職を決断する前に、必ず確認しておくべき「4つ」の項目についてご紹介します。
下記のとおりです。

  • 一時的な感情ではないか
  • 改善の余地はないか
  • 家族の了承を得てるか
  • 無収入でも生きていけるだけの貯蓄はあるか

それぞれの項目について、詳しく見ていきます。

一時的な感情ではないか

一時的な感情で転職すると、だいたい失敗します。
一時的な感情は、2~3日すれば、何事もなかったかのように消えるものです。
1週間たっても、転職したいという気持ちが変わらないのであれば、いよいよ転職を考えてみるといいでしょう。

改善の余地はないか

ちょっとしたアイディアや考えで、現状が好転することがあります。
悩んでるのであれば、信頼できる上司や友達に相談するのもアリです。
話すことで、気持ちが晴れることもありますよ。
それでも現状を変えることができないのであれば、転職について考えてみましょう。

家族の了承を得てるか

家族に相談しておきましょう。
相談なしでいきなり転職してしまうと、家族も心配します。
転職がうまくいった場合は、問題ないかもしれません。
しかし、失敗して収入が途絶えてしまうと、家族も困ります。
家族の了承を得てから、転職活動することをおすすめします。

無収入でも生きていけるだけの貯蓄はあるか

スムーズに転職できなかった場合、一定期間無収入になります。
失業保険がもらえるのは、自己都合退社の場合、3か月後です。
その間、いままで貯めてきた貯蓄で耐えるしかありません。
半年から1年程度、無職でも困らない程度の貯蓄を蓄えてから、退職するといいでしょう。

転職緊急度の簡易診断


後ほどご紹介する転職を決断するポイント8つの簡単なチェック項目になります。
当てはまった数に応じて、今すぐ転職すべきか、転職の緊急度合いが分かります。
いくつ当てはまるか、チェックしてみてください。

チェック項目

  • 1|人間関係が悪い
  • 2|社風が合わない
  • 3|労働環境が悪い
  • 4|評価制度に不満がある
  • 5|給料に不満がある
  • 6|仕事に不満がある
  • 7|会社のビジョンに疑問を感じる
  • 8|成長志向がある

当てはまった数を、下のリストと照らし合わせてください。
転職の緊急度合いを、簡単に判断することができます。

転職緊急度合い簡易診断

  • 8項目すべてに当てはまる人|いますぐ転職すべき
  • 3~7項目に当てはまる人|転職を前向きに検討すべき
  • 2項目以下に当てはまる人|転職を控えるべき

8項目すべてに当てはまる人|いますぐ転職すべき

おそらく労働意欲がかなり低下してる状態です。
転職したほうが好転する可能性は高いでしょう。
今日から転職に向けて動き始めることをおすすめします。

3~7項目に当てはまる人|転職を前向きに検討すべき

転職を前向きに考えてもいいかもしれません。
転職を決断するポイント【8つ】のなかで、具体的な改善案をいくつか提示してます。
改善案を検討してみて、改善されないようなら、転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

2項目以下に当てはまる人|転職を控えるべき

転職を意識する必要は、ほとんどないでしょう。

転職を決断するポイント【8つ】


具体的に転職を決断する理由を8つご紹介します。
現状の働き方や職場環境と照らし合わせながら、確認してみてください。

1|人間関係が悪い

具体例

  • 上司との関係が悪い
  • 同僚、後輩とうまくいかない

人間関係がうまくいかないと、労働意欲が極端に低下します。
やる気が起きないため、モチベーションが上がらず、生産性も低下します。
会社にとって良くないですし、本人にとっても良くありません。

改善案

  • 上司が変わるのを待つ
  • 別の部署に異動する

上司が変わるまで待つ場合、具体的にいつまで待つべきか、期限を決めておきましょう。
半年、1年経っても、上司が変わらないなら、転職活動をする。
このように期限を設けることで、スムーズに転職活動を開始することができます。

社内制度で部署移動が可能なら、部署移動届を提出して、新しい部署に移るのもひとつです。
社内制度について知りたい方は、人事部や総務部に問い合わせてみましょう。
また、社内ホームページに掲載されてる場合もあります。

2|社風が合わない

具体例

  • 社長がワンマン
  • 会社理念が合わない
  • 飲み会が多い
  • イベントが多い
  • サービス残業が当たり前
  • 有休がとれない

入社してみたら「社風が合わなかった」という悩みです。
社風は変えることができないので、どうしても合わないなら、転職しましょう。

補足:転職前に、実際に働かせてもらおう

新しい職場に転職する際、採用担当者との面接の段階で、「どんな職場か体験したいので、実際に社員の方々と一緒に、数日間働かせてもらえませんか?」とお願いしてみましょう。

実際に働くことで、社内の雰囲気や社風を体感することができます。
また、採用担当者にとっても、ミスマッチを無くすことができるので、両者にとってメリットしかありません。
おすすめの手法なので、機会があれば試してみてください。

3|労働環境が悪い

具体例

  • 社内の雰囲気が悪い
  • 拘束時間が長い
  • 休日が少ない
  • 残業が多い

長時間労働を続けると、体力が消耗され、体調を崩しやすくなります。
自律神経の乱れから、精神疾患を患う可能性もあります。
一度体調を崩すと元の状態戻るまで、かなりの時間を要します。

改善案

  • 仕事を効率化する
  • 休日は完全に休む
  • 仕事を減らしてもらう

限られた時間の中でタスクをこなすためには、作業を効率化させることが大事です。
簡単な入力作業なら、ExcelのVBAを活用すれば、本来1時間かかる作業が、1分で終わらせることもできます。
作業を効率化させる手段はたくさんありますので、いろいろ調べてみると面白いですよ。

休日は完全に休みましょう。無理して働く必要はありません。
休日まで働かないとさばけない量の仕事なら、上司に相談して仕事を減らしてもらいましょう。

上司に相談できない環境なら、同僚に手伝ってもらうなどして、自分への負荷を少しでも減らせる努力をしてみてください。
それでも、改善されないようでしたら、転職することをおすすめします。

4|評価制度に不満がある

具体例

  • 上司が正当に評価してくれない
  • 頑張りに対する正当な評価がなされない

結果をだしてもきちんと評価されないと、モチベーションが著しく低下します。
評価の良し悪しは、昇給やボーナスに直結します。
頑張って働いたのに、1000円しか昇給しなかったら、がっかりですよね。

改善案

  • 会社の業績を確認する
  • 業界の平均を確認する

会社の業績が悪い場合、昇給やボーナスが一時的にストップする場合があります。
短期で業績が回復すれば問題ありませんが、業績悪化が長期化した場合、昇給やボーナスはほとんど見込めないでしょう。

自分の会社の属する業界の平均的な給料を調べてみてください。
サービス、小売り、飲食業の3業界は、もともと薄利多売で1人あたりの付加価値が低く、給料が低いです。
3業界で働き続ける限り、大した給料はもらえません。
業界を変えるだけで、年収が100~200万円アップすることも、珍しくないですよ。

5|給料に不満がある

具体例

  • 給料が低い
  • 残業しないと生活できない
  • 給料が上がらない
  • 昇給が望めない

給料は労働意欲に直結します。
給料が上がらなと、モチベーションが下がり、満足度が低下します。

改善案

  • 給与交渉してみる

直接上司になぜ給料があがらないのか、聞いてみましょう。
評価が悪いなら、まずは評価を上げる努力をします。
会社の業績が悪いなら、会社の業績が回復する見込みがあるのか調べます。
業界自体が1人あたりの生産性が低く、儲からないなら、業界を変えてみましょう。

こちらの記事で、儲かる業界について紹介してます。
儲かる業界について知りたい方は、参考にしてみてください。

転職して年収を上げたい【1人1000万円以上稼ぐ儲かる業界】
「儲かる業界はどこ」「儲かる業界に転職したい」「転職して年収を上げたい」「転職したいけど、転職の仕方がわからない」この記事を読むことで、上記の悩みや疑問を解消できます。

6|仕事に不満がある

具体例

  • やりたい仕事ができない
  • 現職にやりがいを感じられない
  • 入社前にイメージしていた仕事と違った
  • 仕事内容が合わない
  • ほかにやりたい仕事がある
  • 希望してない職種に配属された
  • 達成感がない
  • 雑務ばかりやらされる
  • 暇すぎてやることがない
  • 社内にやりたい仕事がない

仕事に不満があると、モチベーションが上がりません。
自分の仕事に誇りが持てず、やりがいが低下します。
仕事の質が下がり、生み出す付加価値も低下します。

改善案

  • 新しい仕事をしたいと申し出る
  • 役割変更
  • 部署移動

やりたい仕事が明確にあるなら、やりたい仕事をやりたいと、上司に志願しましょう。
自分がいる部署内でやりたい仕事があるなら、役割を変更することで、解決できるかもしれません。
部署変更が必要なら、他部署の責任者に掛け合って、事情を説明してみてください。
それでも解決しない場合、転職することをおすすめします。

7|会社のビジョンに疑問を感じる

具体例

  • 会社の経営方針、経営状況が変化した
  • 会社の将来性が不安
  • 将来性がない
  • 業界の先行きに不安がある

会社の先行きに不安を感じながら働いても、モチベーションが上がりません。
業界自体が縮小傾向にあり、売り上げが伸びないことが分かってる場合、今後会社の業績が良くなる可能性は低いでしょう。

改善案

  • 新規プロジェクトを立ち上げる

社内で小さな新規プロジェクトを立ち上げて、今後成長が見込まれる業界に参入して、売り上げ拡大を図るのもアリです。
会社が新規事業をやらない経営方針であれば、おそらく無理な話なので、転職したほうがいいでしょう。

8|成長志向がある

具体例

  • 専門知識・技術を習得したい
  • 市場価値を上げたい
  • スキルアップを望んでる
  • 幅広い知識・経験を積みたい

解決案

  • 資格取得支援
  • 能力開発支援
  • 外部講座受講費支援

福利厚生の中に、資格取得支援、能力開発支援、外部講座受講費支援といった支援制度がある場合があります。
これらを活用することで、働きながら社内でスキルアップを図ることが可能です。
人材育成に力をいれてる企業に転職すると、このような充実した福利厚生の恩恵を受けられます。

【転職初心者向け】転職方法は4つある


転職の仕方について、ご紹介します。
転職方法は、4つあります。
以下のとおりです。

  • 1|自力でやる
  • 2|転職サイトを利用する
  • 3|転職エージェントを利用する
  • 4|転職サービスと転職エージェントを併用する

それぞれの転職方法について、ご紹介します。

1|自力でやる

転職活動を自力でやる場合、自分でやるべき項目は、下記の7つになります。

自分でやるべき項目

  • 求人検索
  • 求人応募
  • 履歴書作成
  • 職務経歴書作成
  • 面接日程調整
  • 面接
  • 給与交渉

転職活動を自力で行う場合のメリット、デメリットは下記のとおりです。

メリット

  • 自分のペースで転職活動を進められる

デメリット

  • 全て自分でやらなければならない
  • 相談相手がいない

おすすめの人

  • 転職経験がある人
  • サポート不要で自己解決できる人

自力で転職活動をするなら、「既に転職経験がある人」や「サポート不要で自己解決できる人」におすすめの転職方法になります。

2|転職サイトを利用する

転職サイトを利用して、転職活動を行う場合について、ご紹介します。

転職サイトとは

  • 転職サイトとは、採用企業が広告として掲載している求人を自分で選んで応募できるサービスのことです。

具体的には、以下のようなところです。

転職サイトを利用して転職活動を行う場合、自分でやるべき項目は、下記の7つになります。

自分でやるべき項目

  • 求人検索
  • 求人応募
  • 履歴書作成
  • 職務経歴書作成
  • 面接日程調整
  • 面接
  • 給与交渉

転職サイトを利用して転職活動を行う場合のメリット、デメリットは下記のとおりです。

メリット

  • 自由に求人検索、求人応募が可能
  • 自分のペースで、求人を探せる
  • 自分のペースで、転職活動を進められる

デメリット

  • 全て自分でやらなければならない
  • 相談相手がいない

こんな人におすすめ

  • まずは求人だけでも見てみたい人
  • 自分のペースで、ゆっくり転職活動を進めたい人
  • 多くの求人を比較検討したい人
  • 短時間で目的の求人を探したい人
  • 企業からのオファーが欲しい人

転職サイトを利用して転職活動を行う方法は、「自分のペースで転職活動を行いたい人」におすすめです。

3|転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用して、転職活動を行う場合について、ご紹介します。

転職エージェントとは

  • 転職エージェントとは、転職相談から企業の求人紹介、面接のセッティング、給与交渉まで、転職に必要な工程のサポートをしてくれるサービスのことです。

具体的には、以下のようなところです。

転職エージェントを利用して転職活動を行う場合、自分でやるべき項目は、下記の3つになります。

自分でやるべき項目

  • 履歴書作成
  • 職務経歴書作成
  • 面接

転職エージェントを利用して転職活動を行う場合のメリット、デメリットは下記のとおりです。

メリット

  • 面接や履歴書添削など、サポート体制が充実している
  • 求人を提案してくれる
  • キャリア相談も可能
  • 企業との面接調整やスケジュール管理を行ってくれる
  • 年収交渉を頑張ってくれる
  • 円満退社するためには、どのように伝えたらいいのかなど、アドバイスをくれる
  • 転職活動が進めやすくなり、手間も大幅に削減できる
  • 不安なく転職活動を進められる

デメリット

  • 担当者の質にばらつきがある

こんな人におすすめ

  • 今すぐ転職したい人
  • 未経験の業界や職種に転職したい人
  • はじめて転職活動をする人
  • ひとりで転職活動を行うのが不安な人
  • 絶対に転職で失敗したくない人
  • 満足のいく転職をしたい人
  • 給与交渉をしてもらいたい人

転職エージェントを利用して転職活動を行う方法は、「はじめて転職する人」や「しっかりサポートしてほしい人」におすすめです。

4|転職サービスと転職エージェントを併用する

転職サービスと転職エージェントを併用して、転職活動を行う方法について、ご紹介します。

転職サイトと転職エージェントを併用して転職活動を行う場合、自分でやるべき項目は、下記の7つになります。

自分でやるべき項目

  • 求人検索
  • 求人応募
  • 履歴書作成
  • 職務経歴書作成
  • 面接日程調整
  • 面接
  • 給与交渉

活用の手順

転職サイトと転職エージェントを併用した、具体的な活用手順をご紹介します。
以下のとおりです。

  • 1|転職サイトに登録する
  • 2|転職サイトで求人を検索する
  • 3|気になった求人を転職エージェントに伝える
  • 4|転職エージェントから推薦状付きでエントリーする

転職サイトと転職エージェントを併用して転職活動を行う方法のメリット、デメリットは下記のとおりです。

メリット

  • 転職サービスと転職エージェントのメリットを両方享受できる
  • 転職サービスのデメリットと転職エージェント双方のデメリットを補完することができる

デメリット

  • 転職サービスと転職エージェントの両方に登録する必要がある

こんな人におすすめ

  • 初めて転職する人
  • 満足のいく転職をしたい人
  • 書類選考の通過率を上げたい人
  • 年収を上げたい人
  • 働きながら転職活動を進めたい人

転職サイトと転職エージェントの両方を活用することで、お互いのメリットを享受しつつ、デメリットを補完できるので、最強の転職方法になります。

5|まとめ

転職の仕方について、まとめておきます。
転職方法は、4つあります。
以下のとおりです。

  • 1|自力でやる
  • 2|転職サイトを利用する
  • 3|転職エージェントを利用する
  • 4|転職サービスと転職エージェントを併用する

それぞれの転職方法について、おすすめの人をまとめておきます。
以下のとおりです。

「自力でやる方法」がおすすめな人

  • 転職経験がある人
  • サポート不要で自己解決できる人

「転職サイトを利用する方法」がおすすめな人

  • まずは求人だけでも見てみたい人
  • 自分のペースで、ゆっくり転職活動を進めたい人
  • 多くの求人を比較検討したい人
  • 短時間で目的の求人を探したい人
  • 企業からのオファーが欲しい人

「転職エージェントを利用する方法」がおすすめな人

  • 今すぐ転職したい人
  • 未経験の業界や職種に転職したい人
  • はじめて転職活動をする人
  • ひとりで転職活動を行うのが不安な人
  • 絶対に転職で失敗したくない人
  • 満足のいく転職をしたい人
  • 給与交渉をしてもらいたい人

「転職サービスと転職エージェントを併用する方法」がおすすめな人

  • 初めて転職する人
  • 満足のいく転職をしたい人
  • 書類選考の通過率を上げたい人
  • 年収を上げたい人
  • 働きながら転職活動を進めたい人

上記を参考にしながら、自分にぴったりの転職方法を選んでみてください。
これからご紹介するおすすめの転職サービスを参考にしながら、転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

【無料】人気の転職サービス、転職して新しい職場で働こう

【無料】転職支援実績31万人、国内No1転職エージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 【無料】すべてのサービスが、無料でご利用できます
  • 業界No1の転職エージェント、転職支援実績31万人
  • 求人数30万件以上、求人の選択肢に困りません
  • 面接対策が充実、会社の面接傾向を事前に教えてくれます
  • 簡単に職務経歴書が作れる「職務経歴書エディタ」が便利です
  • 面接通過率が17%アップする「面接向上セミナー」は必見です
  • 62.7%が給料アップ、給与交渉に強い担当者が多数在籍してます

登録方法は、4ステップ

  • ※所要時間|約10~15分
  • 1|リクルートエージェントに移動します。
  • 2|「基本情報」を入力します。
  • 3|「転職に期待すること」を入力します。
  • 4|「プロフィール情報」を入力したら、完了です。

こんな人におすすめ

  • 今すぐ転職したい人
  • 未経験の業界や職種に転職したい人
  • はじめて転職活動をする人
  • ひとりで転職活動を行うのが不安な人
  • 絶対に転職で失敗したくない人
  • 満足のいく転職をしたい人
  • 給与交渉をしてもらいたい人
※転職エージェントを使って、確実に転職を成功させよう
転職活動はひとりでやると本当に大変なので、その道のプロに任せるのが一番ですよ。
» 【無料】リクルートエージェントの無料登録はこちら

【無料】転職者の80%が利用、国内No1転職サイト

リクナビNEXTの特徴

  • 【無料】すべてのサービスが、無料でご利用できます
  • 業界No1の転職サイト、登録者数910万人
  • 求人数常時1万件以上、毎週新しい求人が1000件以上更新
  • 求人の85%がリクナビNEXT限定、他社サイトでは出会えない求人に出会えます
  • 20代の求人はもちろん、30~50代の求人も多数あり
  • スカウト機能、非公開求人のオファーが受けられます
  • グッドポイント診断、登録者の80%が利用する人気の自己分析ツールです
  • 公開ブロック機能、会社に転職活動がバレるのを防止します

登録方法は、5ステップ

  • ※所要時間|約5~10分
  • 1|リクナビNEXTに移動します。
  • 2|「メールアドレス」を登録します。
  • 3|登録したメールアドレスに「会員登録メール」が届きます。
  • 4|会員登録メールに記載されてる「URLをクリック」します。
  • 5|「会員情報」を入力したら、完了です。

こんな人におすすめ

  • まずは求人だけでも見てみたい人
  • 自分のペースで、ゆっくり転職活動を進めたい人
  • 多くの求人を比較検討したい人
  • 短時間で目的の求人を探したい人
  • 企業からのオファーが欲しい人
  • 他の転職サイトで、良い求人が見つからなかった人
  • 未経験の業界に転職したい人
  • バレずに転職活動したい人
※転職サイトを使って、転職活動をスタートさせよう
自分にぴったりの求人を見つけて、新しいキャリアをスタートさせましょう。
» 【無料】リクナビNEXTの無料登録はこちら

【無料】スマホで市場価値診断、あなたは自分の市場価値を知ってますか?

ミイダスの特徴

  • 【無料】すべてのサービスが、無料でご利用できます
  • 20~30個の質問に答えるだけで、すぐに自分の市場価値がわかります
  • 市場価値に見合った企業から、オファーやスカウトを受け取れます

登録方法は、7ステップ

  • ※所要時間|約5~10分
  • 1|ミイダスに移動します。
  • 2|「現在の市場価値を調べる(無料ユーザー登録)」を選択します。
  • 3|「プロフィール」を入力します。
  • 4|「職務経歴」を入力します。
  • 5|「実務経験」を入力します。
  • 6|「語学・資格情報」を入力します。
  • 7|「現在の市場価値」が表示されます。

こんな人におすすめ

  • 簡単に自分の市場価値を知りたい人
  • 自分のスキルや経験が、転職市場でどのように評価されてるのか知りたい人
  • 自分のペースで転職活動を進めたい人
  • 面接確約オファーを受け取りながら、安心して就活を進めたい人
  • いつかは転職しようと思ってる人
※自分の市場価値を調べてみよう
実際に市場価値診断をやってみると、予想よりいい結果が出ることもあります。
試しにゲーム感覚でやってみるのもアリですよ。
» 【無料】ミイダスの無料登録はこちら

まだ登録がお済でない方は、こちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました