tomofeed.com

オーストラリア・ワーキングホリデーブログ

オーストラリアで車のバッテリーを交換してみた

   

オーストラリア 車 バッテリー

オーストラリア生活122日目、残り滞在日数243日。

オーストラリア・ワーホリブロガーのTomo(@tomo_lev1)です。

みなさん、車のバッテリーを交換したことありますか?オーストラリアで初めてバッテリーを交換しましたので、交換できる場所や費用をご紹介させて頂きます。

悲劇は突然訪れた

2016年8月29日

現在滞在中のシェアハウスから職場のミートファクトリーへ向かうため、マイカーに乗り込みエンジンをかけようとしたところ・・・

キュルキュル

キュルキュル

キュル

キュ

・・・

!!

お?

え”!!

あれっ、おっかしいなー

(もう一度エンジンをかけてみたところ・・・)

キュ

・・・

ちーん

ボンネットを開け、エンジンルームからバッテリーを確認したところ・・・

見た感じ異常はなさそうでした。

前のオーナーさんからこの車を購入した際、

「バッテリーは交換してばかりです」って言ってたんだけどな・・・

結局、この日は車が動かないので、職場ボスが迎えにきてくれることになりました。

ジャンピングスタート

翌日、現在滞在してるシェアハウスのオーナーさんの息子に車を見てもらうことに。

すると、

やはりバッテリーの寿命だとのこと。

バッテリーをよーく見てみると・・・

オーストラリア 車 バッテリー

赤いキャップがプラスケーブルになりますが、その右側に黒丸が見えると思います。

写真のバッテリーの中央付近に黄色の四角で囲われた部分にHYDROMETERとして、グリーンがOK、ブラックがCHANGE、ホワイトがREPLACEと記載されてます。

本来、バッテリーが正常だとグリーンですが、HYDROMETERはブラックを示してるので、交換する必要があるようです。

オーナーさんの息子に相談したところ、近くに整備工場があるから、車を持ち込めばバッテリーを交換してくれるかもとのこと。

整備工場まで車を持っていく必要があるので、ジャンピングスタートをして、エンジンを再起動させることにしました。

地元の整備工場でバッテリー交換

早速、シェアハウスから車で20秒の整備工場へ。

スタッフに聞いてみたところ、ここでバッテリー交換はやってなく、ちょっと離れた整備工場でバッテリー交換をしてくれるとのこと。

そこで、教えて頂いたお店へ車で向かうことに。

走り始めて約3分。

オーストラリア 車 バッテリー

それらしきお店に到着しました。

受付でバッテリー交換ができるか聞いてみたところ、すぐ出来るとのこと。

価格も180ドルなので、その場で交換してもらうことにしました。

マッチョなお兄さん2人が新しいバッテリーを持ってきて、交換作業を開始。

オーストラリア 車 バッテリー

作業中の写真ですが、約5分程度で交換が完了しました。

オーストラリア 車 バッテリー

これが、交換後の新バッテリーです。

交換時に使用していた工具も、スパナとラチェットとごく普通の工具でしたので、次回以降は自分でバッテリーを交換できそうな感じでした。

で、受付で会計金額を確認すると、

149ドルでした。

あれ、最初180ドルって言われたのに、なぜか安くなってる。

この価格が相場なのかよく分かりませんが、150ドルを渡しお釣りとして1ドルを受け取り、バッテリー交換が完了しました。

さいごに

バッテリー交換をお願いする際、受付で車種を聞かれましたので、車によってバッテリーの交換に掛かる費用が変わるかもしれません。

私の車は、トヨタ・カムリのステーションワゴンタイプです。

走行距離29万キロの激ボロカーですが、がんばってくれてます。

バッテリーを新しくしたので、当分は安心できそうです。

とうことで今回は、オーストラリアで車のバッテリーを交換した様子をご紹介させて頂きました。

 - , , ,